在宅副業でカメラ転売は儲かるのか検証してみた

カメラ転売で検索すると多くのブログだったり動画がでてきますが、その中でも、儲かると言ったり儲からないと言ったりで実際どうなのかここ数ヶ月ですが自分でやってみました。

カメラ転売のスタイルとしては、本業をやりながらの空いた時間でやり、ヤフオクやフリマサイトで購入販売を行う感じです。カメラの知識はまったくの素人です。

まず、カメラ転売と言ってもたくさんのメーカーや機種のカメラがありますので、とりあえず人気のありそうなキャノンとソニーに絞ってすることにしました。(人気がありそうなと言うより私が、キャノンとソニーくらいしか名前が分からなかったと言うのが本音です)

では、実際どうだったかと申しますと。

すこしのお小遣い程度の利益はでたのかなという感じでした。

数ヶ月の間に30件ほど販売しました。私は普通のサラリーマンで使えるお金もあまりないので1件の最高仕入れ額は2万円くらいまでと決めて、それが売れたら次を仕入れるといった感じにし、仕入れで自分のお金がパンクしないようにしながら細々と転売してました。

仕入れに使うサイトはヤフオク・メルカリ・ラクマを使いヤフオクの落札相場よりも安いなと思ったら購入しヤフオクやラクマで売るといった感じです。

しかし、こういった形で普通に転売しててもほぼ儲からないなと言う感想です。

例えばヤフオクで送料込み20,000円で落札したとして、次にこれを出品する場合、落札で手数料の8.64%引かれるので原価を約22,000円とします。そこに送料別で1割程度の利益を乗せると約25,000円になり、これが販売価格になるわけですが、実際その価格で売ってみても、ま~売れない。その商品を気長に売れるのを待ってもいいならそのうち売れるかもしれませんが、それでではお金が回らないので19,000円くらいからスタートして2万2・3千円くらいで売れたらいいほうでした。

実際、ヤフオクでカメラ転売してる人の出品物をみて、相場と販売価格をくらべてみても1割から2割くらいの利益しかとれてないんじゃないかなと言う感想ですね。10万の利益を出そうと思ったら100万円ぶんくらい売らないといけないと言うことです。

そういう風に売っている人の評価をみても月に10数件くらいで3万から4万のカメラを扱っていたとしても月に4万から5万程度の利益しかでてないんじゃないかなと思うくらいです。

そんな中でもジャンク品は安く仕入れができて利益が出やすかったですね、1,000円で買ったレンズが少しお手入れして動作確認して売ったら3,000円くらいになったりしました。

しかし、ジャンク品はリスクもあります。本当にぶっ壊れている場合も多いにありますので、写真や文章などでの見極めが重要になってきます。でも、本当にぶっ壊れていたときはまたジャンクで出品すれば最小の損失で回避できるのですが、小さな損失でも積み重なれば大きな損失になりますので注意が必要となります。

そういう訳で「カメラ転売」という形では大きな仕入れ額の割にはほとんど稼ぐことはできませんでしたが、ジャンク品の修理でなんとか数ヶ月で10万円程度の利益は出せたかなとおもいます。

修理するとしても自分で直すということが条件となります、メーカーや他のところに修理に出したら損するだけです。カメラ関係の修理代金なんて基本高いです。例えばジャンクのキャノンkiss x5を購入しメーカーに修理に出した場合、ジャンクの価格と修理代金で程度のいい中古品が買えてしまうような価格になってしまいますからね。

売ってみて分かったことなんですが、ヤフオクが一番高く売れるようです、メルカリやラクマは厳しかったですね。「いいね」は増えるんですが値下がり待ちみたいな人ばっかりでなかなか売れませんでした。

中には、メルカリで個人出品の人から大きく値切ってヤフオクで売っている人もいたようですが、そんなやり方は私の性格的に無理でした。

まっ、そういうわけで【在宅副業でカメラ転売は儲かるのか検証してみた】でした 。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする