dynabook Tab S80 Windows8.1からWindows10にアップグレードしました。

いまさらですが、元々windows8.1が入っている2014年発売のdynabook Tab S80。windows10にアップグレードとその手順。ペンタブレットであるdynabook Tab S80をwindows10にあたって、USBメモリにwindous10インストールディスクを作成しますので、8G程度のUSBメモリを一つと、dynabook Tab S80にはマイクロUSBしか挿すことができないので、

上記画像の様なマイクロUSBオス×USBメスを用意します。

次にdynabook Tab S80からWindows 10 のダウンロードのサイトを開き【ツールを今すぐダウンロード】をクリックし、ファイルをダウンロードします。

USBメディアを作る方法は以下サイト参照
Windows 10をインストールするためのUSBメモリーを作る方法

USBメディア作成が完了したら、dynabook Tab S80の充電を満タンにして、ディスクの空きスペースを確保します。ちなみに何もソフトなどインストールしていない状態からwindows10にアップグレードしても17ギガくらい使用中となりました。

その後、USBメディアよりwindows10をインストールします。

ここで一つ重要な点として、インストール中に更新プログラムをインストールするかしないかの選択があるので、後でダウンロードを選択するようにしてください。

インストール中に更新プログラムをダウンロードしてしまうと、windows10のインストール作業が長引いてしまう為、充電不足で更新が失敗してしまう可能性があるからです。

問題なければ数時間くらいで終わると思います。私の場合は3時間くらいかかりました。

余談ですが、今回のwindows8.1からwindows10へのアップグレードの際、新たにプロダクトキーが要るのかなと思ってたんですが、プロダクトキー不要でアップグレードできました。

以前、ノートパソコンをwindows10にアップグレードした時はアップグレード用のプロダクトキーを購入した記憶があるのですが・・・今回なぜプロダクトキーが不要だったかは、わかりません。無償アップグレードの期間も終わっているとは思うのですが・・・。

2017年1月現在、すべてのwindowsOSという訳ではないとは思いますが、まだ無償でアップグレードできる機種もあるようです。

筆圧など気になる方は下記サイトよりwindows10ペンタブレットPCドライバーのURLを載せていますので自己責任でインストールしてください。

WACOMのタブレットPC向けドライバ
ここから→TABLET PC – Enhanced Tablet Driver(英語サイト)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする