【PS4Pro vs PS4】グラフィック性能の比較動画と価格

11月10日にPS4Proが発売されました。グラフィック性能と価格について調べてみました。

PS4Proがメーカ希望小売価格48,578円(税込)で発売され、Amazonでも転売屋さんたちが、早速、高値で販売しているようです。

11日現在、その価格は54,480円~80,000円とあいかわらずの上乗せ価格で販売されてますね。その中でも80,000円で販売されてるところもあるようですが、その価格で買う人いるんでしょうか?と疑問に思うところです。

楽天でも同じような感じで高値で販売されてます。

PS4Proを買うなら近くの家電店に並ぶのを待った方がよさそうです(^^;)

さて、本題のPS4Proのグラフィック性能ですが。

まずはYOUTUBEより比較動画を1本。

PS4とPS4Proで同じゲームをキャプチャーした動画なんですが、素人目ではよくわからないというのが本音です。視聴している側の環境もあるとは思いますが4Kに対応した端末でもると違いがよくわかるのかもしれません・・・

このPS4Proの重要な点としては、やはり4Kに対応したということでしょう。元々、PS4のグラフィックは高画質な映像でゲームが出来ていますので4KでないテレビにPS4とPS4Proを接続して比べても大きな違いはわからないのかもしれません。

家庭用ゲーム機としては、ハイエンドな機種として間違いないでしょう。

PCと比べると中間クラスのグラフィック性能だと言われています。その他のネット調べではRadeon RX 470程度のグラフィック性能を若干下回るくらいの性能ではないかとの見解のようですね。

ちなみにRadeon RX 470をPCパーツ単体のグラフィックボードとして買えば2万円くらいはします。

しかし、このPS4Proのグラフィック性能がPCと比べたら中間クラスのスペックとはいえ、PCのハイスペックのグラフィックボードは何十万もしますからね、そこと比べるのもいかがなものかという感じもします。

こちらの動画は比較的にPS4とPS4Proの違いが分かりやすいかと思います。

どちらがPS4とPS4Proは映像画面の上の右と左の隅み表示してあります。

201611110

こういうふうによく見ると、スパイダーマンの目にある小さい穴がPS4Proのほうが細かく表現されています。

おまけ

歴代プレイステーションのグラフィックの移り変わりが分かる動画です。

初期の頃のグラフィックが懐かしいです(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする