ネタが無い訳ではないがブログの記事が書けない。

ブログを作って毎日、5記事くらいは書こうと思ったんですが・・・

・・・なんです。・・・

書きたいブ事やこういう風にしたいとかあるんですが、なかなかそれを文章にできないんです。

その原因もなんとなくは自分でわかってはいるんですが・・・

そもそも、今まで本は漫画本くらいしか読んだことないし、なんかの記事を読むとしてもキャッチコピーや見出しのタイトルのみを読むくらいで、まともに書かれている記事を読んだことがないんですね~。

そんな感じですので、書きたいことはあっても、それをうまく表現できない感じなんです。

でも、なんとかブログを書けるようになりたい、文章を書くのをうまくなりたいと思い、

webライティングや記事の書き方などのワードで検索して書き方など調べて、読んでみても、あーすればいいとか、こーすればいいとか色々なことかブログの記事として書いてありますが、いまいちよくわからんというのが本音です。

現状、webライティング、ブログの記事を書くことに関しては、何が分からないのか分からないといったとこですかね(´・ω・)

こんな手探りな感じで、ブログを書こうとしているんだから、毎日5記事なんて無理レベルですよ。3日で1記事書けるかどうかが精いっぱいです。

はぁ~ 困った。

というわけで私はとりあえず、1冊の本を買いました。

その本は、

文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方

です。

全部読みました。

なるほどと思いました。

で?(ち~ん)

たしかに良い本でした。ブログの文章を作る時、どういう風にしたらよいか、ネタの探し方など詳しく書いてあり勉強になりました。

ですが、今まで文字にまったく触れてこなかった私にとっては、ほんのすこ~しですが、レベルの高い本でした。 残念。

この本に書いてあることをうまくいかせたら、良い文章が書けると思うのですが、

今、頭のなかにあることをどうゆうふうにしたら、本に書いてあるような感じで表現できるのかがいまいちピンときませんでした。これは本が悪いわけではなく、私の頭が悪いのです。(´;ω;`)

例えて言えば、小学生、中学生、高校生というふうにレベルの違いを表現すると、この本は中学生でもわかるような表現でわかりやすく書いてあるのですが、私の脳みそは小学生の低学年レベルなのでうまくこの本を理解できないといった感じですかね~~。

ところで、webライティングで使う用語でペルソナってあるんですが、今までアニメのオリジナルのタイトルとばっかり思っていたら、別の意味がたったんですね。この本よんで初めて知りました。

ちなみにペルソナの意味ですが。

webで記事を書く時やサービスを提供するとき、どういった人をターゲットとするのか定めて、想定した人物をペルソナというみたいです。

例えば、こういう人に買ってもらいたい。の、こういう人をペルソナというのでしょう。

という訳で、機会があればこの本よんでみてくださいな。

なんだかんだで意味のない文章ながらも1000文字超えたんで今日は終了します(^▽^)/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする